Mary’s メリーズ

国産・輸入車の新車・中古車販売および板金・塗装、修理やクラシックカーのレストアなどを
行っています。【営業時間】9:00〜19:00(日曜・祭日除く)【電話番号】042-557-2211
<< ケンメリ・ジャパン L型エンジン用 FS5W71Cミッション新品!限定1台限り! | main | Mary's  >>
ORCカーボンクラッチへ交換
0

    ここへきてまた動き出した当社2号車。

     

    ずいぶん久しぶりに見ました。

     

    以前のダンパー無しのツインプレートからORCのプロカーボンツインプレートクラッチへ変更。

     

    以前ORCの営業さんに「カーボンクラッチはサーキット走行に向かない」と説明されたような記憶があったのでもう一度確認してみましたが、「ここ数年でずいぶん進化している」「以前程トラブルは出ていない。」との説明されたのでオーダーしてみました。

     

    約2週間で到着。

     

     

     

    アルミのカバーはブロンズ色?

    メタルクラッチのゴールドより品がある・・。

     

     

    では早速交換。

     

    オーナー自らミッション降ろしてます。

     

    久しぶり過ぎてすっかり手順を忘れてそうですが、タコ足をかわしながらミッションを抜く所だけちょっと手伝いながらさくっとミッションは降りてました。

     

     

    クイックシフトはニスモのBNR32用。

     

    そのままでは付きませんが部品を製作して71Cミッションに装着してます。

     

    レバーが短かいのでシフトノブの位置が低い。

     

    少し延長して運転席側へ倒したいそうなので今度作っておくよ。

     

     

     

     

     

     

     

    距離的には数百キロしか乗らなかったので状態はすごく良いと思いますが、ORCカーボンクラッチを試してみたかったので交換。

     

     

     

     

     

    ディスクには表裏がわかるようになってますね。

     

     

     

    当たり前なんですけどカーボンディスク、軽くてびっくり!。

     

     

     

     

     

    体重計でフライホイールの重さを測った所約4.8キロ。

     

    OSの穴あきが4キロちょいだったかな。。

     

     

     

     

     

     

     

    ベアリングスリーブにベアリングがセットされた状態でキット化されているのでベアリングの注文忘れ等もなくていいですね。

     

    スリーブ厚みは20mmでよくある小さい方のベアリングです。

     

    スリーブ・ピボットには日産純正グリス、メインシャフトスプラインにはクラッチキット付属のグリスを塗布。

     

     

    あとはミッション乗っけて試運転。

     

     

    慣らしがてら夜の首都高をぐるっと一周。

     

    乗りやすくなって大満足。

     

     

    次は富士スピードウェイへ行こう!

     

     

    【2019.05.03 Friday 13:28】 author : Mary's | 本日は・・ | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする





     


    CALENDAR
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP